読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梅雨の体調不良期

すっかりブログを書いていなかったが、スマホが壊れてから新しいものに替えたらブックマークもなくなり、機械音痴も手伝って遠ざかっていただけです。難民仲間から、スキーの話で止まっているよ!と聞き、はたとして自分のブログを探してみつけることができた。万歳。

さて。体調が悪い。
6月は毎年そう。
思い返せば2年前の今頃、発症した。
去年も具合が悪くなったし、今年もそう。

私の場合は、発症以来気圧変動に顕著に影響されるようになったらしく、内容としては以下のような症状が出る。

1.首、肩、背中、腰が固まって痛くて動きにくい
2.頭が締め付けられるような感じに痛い
3.呼吸が苦しい
4.目がいつもより見えにくくなる(遠視が強まる)
5.歯茎がうずうずする
6.眼位がずれて目の中がズキズキする
7.具合悪い日の最後に胃痛(身体が痛みに耐えて胃にくる?)

だいたい1~4はセットで、5.6はオプションでついてくるかんじ。(胃痛は1~4のときはそのたいてい夜に)

身体の痛みは不思議で、外傷があるかのような痛み方。
毎朝起きたときにはかなりの凝りで体の痛みはあるのだけど、気圧でやられたときは毎朝の凝りの感じとは違って、1日中続く痛みで、どこかに背中を打ち付けたかのような、曲げると中の負傷部分が痛む感じの筋肉痛のような感覚。

大袈裟に聞こえるかもしれないが、戸を開けるのも腕が痛くて&重くて開けにくいし、立ち上がって物を取るとか身体にムチうって動かしているような感じになる。

そんなときどうするのが一番いいのか、多分横たわることくらいなんだろうけど、横たわっても身体が痛いし重いし、岩みたいなのだ。

前述の1~6のような症状が出たとき、他人にもし感覚として伝えるとしたら「インフルエンザで高熱が出てて、筋肉痛もするとき」とたまに説明したりする。多分全然違うんだけど、他に近い表現が思い付かない。

昨日はそんな状態が続き、ちょっと地獄だった。
私にとってよくわからないのが自分の身体の痛みは、睡眠中の歯の食い縛りのせいなのか、それは関係なくてどう対処しても意味のないお天気痛なのか、ということだ。

歯の食い縛りは睡眠中に目が乾くのでヒリヒリと痛み出して歯を無意識に食い縛っているのはよくわかる。
それは毎晩のことなので、せめて二次的な肩こりを防ぎたいと今に至るまで何か対策をこうじたりしてきている。

でもお天気痛が原因で肩こりするのなら、食い縛りはそんなに関係ないとか?

先日、都内の整形外科で肩こりボトックスを打ってきた。
ちょうど明後日で1週間なので、効果は現れる頃だろう。
それによってもあまり変化しないのではあれば、根本的治療って何があるんだろう。気圧関係なく、毎日の肩こり自体もそこそこ深刻ではあり、身体が内側へ内側へと丸まってきているのも気になる。

以下覚え書き
6/25(木)曇りのち雨 朝から身体が異常に痛い、午後からつらくなる。
6/26(金)曇りのち雨 低気圧 強風 朝から身体が異常に痛い、1日最悪な状態。
6/27(土強風 )会社休む。鍼灸に行ってきて少し痛み和らぎ、半日寝て過ごす。夜、利き目の左目がズキズキ。


ずつ~る、という気圧変動アプリをかなり参考にしている今日だが、ずつ~るを見て納得なときとそうでもないときがある。
「気圧急降下警戒!」マークの時間帯にもろ具合悪くなっているときもあれば、気圧はむしろ上がっているとか急降下はしていないときも具合悪いときもある。
天気としては「強風」と「雨が降る前」というのがヤバい。
雨が降り始めて、さっきより少し楽になるということもある。「不安定な大気、気圧、変化しているとき」が一番悪いらしい。

あとはこういった症状が強く自覚できるほど明確なものでない、というのも自分のこの不調時を休ませるべきか普通に行動させるべきか判断がうまくいかないところだ。

具合悪かったらその日の朝でもいいから連絡してと会社に言われて、それはとてもありがたいのだが、
この症状、30分くらいで変動したりもする。
出勤前はたいしたことなくても途中急に来たり、またそれが大事になるかそうでもなく去るかというのはそのときにならないとわからない。不確かすぎて人に伝えるのがはばかられる。
こういったところもイライラする症状だよなぁ。

ズキズキ眼痛対策にサイプレジン薄めた目薬点眼したらもう全然見えなくなってきてしまった。

誤字があったらすみません。
おやすみなさい。また書きます。

12/18晴天の下でスキーは良くない

週末にスキーに行ったのだが、光刺激なのか、睡眠不足たたった眼を含む不調なのか、気圧なのかわからないけれど猛烈に気持ち悪くなってしまい、ゲレンデを戻しそうになりながら休み休み降りてきて、なんとか命からがら下まで辿り着いた。

休んでいるときはまだいいのだが、滑り出すと途端に気持ち悪くなってしまう。
あれは7月頃時々襲われた「座っていると何でもないのに立って歩くと、急激に具合悪くなってはぁはぁいってしまい、倒れそうになる」という症状に似ていた。

スキーヤーにとっては最高の行楽日和という日も
私には地獄のスキー日になるのかと1つ勉強になった。
レスキュー雪上バイクを呼ぼうと思うくらいだった。
しかしスキー場とは、人がたとえ倒れていようとも
たいしたことには見えない場所。
スキーでこけているとしか見えないのだから。

ヘロヘロになって休んでいても、
滑り出すまで休憩している人と何らかわりない。
難民のくせにスキーに来るからだよっ
と考えるとそれまでだが
去年仕事で来たときは大丈夫だったし、
スキーくらいやりたいとも思うわけである。

今回の体調不良の原因として考えられるのは
感覚としてはやはり
光刺激。
雪の照り返しはゴーグルしていてもかなりまぶしかった。これは自分の目がサングラスをしていても普通の人より光に弱いのがあると思われる。
途中、かためをつむって滑ってみたりしたんだけれど。
両眼視もきつくなっていた感じだった。

降りてきて、休みたくて、車へ帰ってきてまず後部座席に寝転んだ。
はぁはぁしていて、目がじんじん重い。
電話した相手に「大丈夫…?大丈夫じゃない…みたいだね、声がヤバイよね」と言われる。
ジーンと目のなかに力がかかっているような痛み。

スキー場の営業が終わり、一緒に行った友人が心配そうに戻ってくる。
友人が外国人だというのもあり、とにかく説明が面倒で、なんか気持ち悪くなったから先いって休んでるわー楽しんでてOK、とLINEで伝えるのみになっていた私の英語力のなさがまた悲しい。
きみの目の症状は生まれつきの病気なの?それとも後天的なものなの?
と聞かれた。
少し複雑そうな顔をして聞いていた。

私はこのようにリアル普通友達にもレーシック症状持ちのことを開示はしている。
レーシック難民はこれに関して複雑だ。言えない、あるいは言いたくない、言っても仕方ない等々もある。私がオープンにしていることをよい意味で吹っ切れていると解釈することもできるが、本質的な部分では他と交わっているのかといえば疑問だ。
言っても仕方ない感はとてもある。
第一説明していてなにも面白くないし。

症状にもよると思うが、しゃれにならないもの、共通認識上にないものについては共有しづらいがゆえに
孤独である方がましな場合もあると思う。
そしてこの感覚は多分難民なら少なくとも一度は抱いているだろう。わかってもらいたくもないから話さないでいいですか、というような感じはあると思う。

そんなわけで、友人に気を遣わせて面白くねー感じでごめんよと思いつつ、だいぶ良くなったから大丈夫、また遊ぼうとか言って帰宅した後、
やはり目が相当じんじんして開けているのがつらくなり、二時間くらいこたつで眠ってしまった。

起きたら治っていればいいものを、まだしつこくじんじん痛んでいるので無視して夜中まで起きていたら、3時くらいには治まってきたようだった。

ということでこの日は久しぶりにヤバイ感じの1日だったので覚え書きとしてしたためておく。

冬場の寒気やら気圧やらで
体のこわばりや凝りが強くて起きてから体が自由には動かないので毎日お灸をしている。
目もあまり良くない日の方が多いようだ。
昨年に比べればかなり良いが。

気圧アプリ、頭痛~るは役立っている。

低気圧からの不調は気圧差か

ここのところ、肩凝りがひどくなって、
三日前くらいからお灸をやり始めて(かなり速効性があり気に入っている)一昨日の晩は首のお灸でパジャマを焦がしたりなどしていた私、
やはり冬場は体調が芳しくないのだなぁと感じたりはしていたが。

今日は少し顕著に体感のある1日だった。

まず、起床から。
起きたときの眼内のヒリヒリとした痛さは
いつものことではあるのだが、いつもは目が開くようになると痛みがおさまるのだが今日はずっと痛くて
潤い系の目薬でもダメなのでミドリンをさすと、急激に楽になった。

ということで起床から眼緊張関係あるんだなぁと感じる。
また肩凝りもひどかったので仕事に行く前に母にお灸点火してもらう。かなり効く。

その後、職場にて。

なんだか眼鏡をかけないと目が辛い感じで、眼鏡を着用。
視軸がぐぐっと無理矢理引っ張られているような感じ。
眼内から鼻のつけねあたりが突っ張り不快。

その後、午後五時過ぎ。
頭痛が始まる。
痛くて仕事になりそうもないので、五時半過ぎに痛み止めを服薬。
頭痛は薬でちらしつつ仕事していると、午後七時頃くらいからか、首がもげそうに痛みだす。
殴られた後みたいな内部の痛さ。

体が内側へ食い込んでいくような縮まった感じがする。今日は視界もボヤけが少しいつもより出ている気がする。

夜、帰宅。
午後十時頃、頭痛再開。
ご飯を食べているうちに軽減。
現在。
どわーんとした頭痛と目と鼻の突っ張り。あとなんか少しだけ気持ち悪い。あと肩の痛み。

今日は顔洗うにしても、ちょっと眼鏡を外すだけで
「ぉぉおぉぉお」とみるみる視軸がずれていく感覚がして気持ち悪く、
感覚としては急に中で行かなくていい方向へ向き始めて眼内が突っ張り痛むという感じがする。

今日はいまいちだし、寝るか!
やばさレベルは2.5くらいかな。デパスはまだいらない。

1/3-4以来、デパスは飲んでいないが、寝起きの悪さ、心臓バクバクはあまり変化なし。
心なしかお灸をして寝る方がいい気がする。

箇条書きまとめ、今日感じた症状。
目の内部突っ張り、頭痛、首痛、鼻づまり。

ちなみにずつーるというアプリをインストールした。
以前にはiPhoneにしかないアプリだったので、ずつーるさん宛に嘆願メールを出したのがこうをそうしたかな?
(早急に対応しますとのお返事をもらっていた)

それで今日ずつーるで気圧のグラフを見てみた。
ははは、笑えるくらい夕方くらいから急下降しとるぞ。
赤色爆弾マーク出とるやないけ。( ̄□ ̄;)!!

低気圧が自律神経に悪いとは知っているけど、
問題なのは気圧が低い状態のことではなく、
低くなろうと急激に気圧が変動して
短時間内で下降気圧差が大きくなることにあるようだ。

グラフを見て、証拠を得て、少し興味深く思った。
今後も具体的なことを検証しつつ体を見ていこう。。

2015初め

昨日の夜すごい眼痛と吐き気と息苦しさに襲われた。
遠視が強まっているような感じと眼内の突っ張り感。
鼻の奥からの突っ張り感。

目の奥が注射を打たれたみたいにキンキンで、表面はシャンプーが入ったようなヒリヒリ、あとは目が独立して強い引力がかかっている感じ。
視神経が頭や顔の中の機能とつながっていると感じる。
普段はあまり目の痛みは出ないほうなのでしんどい。

また、息苦しくて動悸がして、しばらくミオナールを飲んで横たわっていた。すると眼痛以外は少し収まった気がしたので、早々に寝たが、
重苦しい鈍痛が眼内に居座っていてとれず、なかなか寝付けないので最終的にデパスを服用して寝た。
薬に頼らない一年にしようと祈念したのに。
でも仕方ない。

今日もあまり長く目を開けていられず、三時間くらい昼寝。
昼寝をすると回復した。
現在は首が寝違えたような痛みがする。

2015が明けた。
また今年、特にどんな冬になるのかと考える。

12月 冬型の気圧 暴風雨警報中の体調

12月になった。
生暖かい風が荒れ吹き、雨が降る12/1、
朝起きたら背中が固まっていて痛くてちょっとしんどい。

会社に行く前にミドリンをさすというのが
ここ2ヶ月の私の定番となりつつあったが、
今日は低濃度サイプレジンを点眼していった。

最近低濃度サイプレジンも低濃度アトロピンも
前ほどぼやけない気がするんだが。

午後二時頃、全体的な体調のサイン出始める。
今までの基準に基づくとレベルは3くらいか。
症状は以下。


1.気持ち悪い
2.鼻に綿でも詰められたように呼吸が苦しい
3.目が奥でひきつる
4.首肩背中が固まっていてだるい、痛い
5.鼻の奥がズーンと重い
6.頭が締め付けられるように痛い、頭がボーッとする

仕事が危うくなってきたので服薬を考えたが、
デパスという苦しい副作用が待っている選択肢をとっていいものか土壇場で抗い、ミオナールというのを飲んでみた。
筋弛緩作用のある薬とのことで、私が昨今副作用で悩むベンゾ系ではなかったので服用。
ちなみにミオナールは眼痛対策として病院から以前処方されていたもの。

一錠飲んでみたが、ほとんど効果なし。諦めてデパスにするかと思ったが、0.5%くらい効いているような感覚もしてきて、もう一錠飲む。結果

呼吸が少し楽になった
苦しさが70%くらいになったかんじ

デパスの場合、鼻の中がすっきりして呼吸がなんの問題もなくなり、頭の痛さや体の固まり感が0になる。私にとって劇的回復というか劇的強制的鎮静を促す薬)

この低空飛行を保ちながら徐々に夜になり、身体も昼間よりは楽になり、なんとか持ちこたえた。

現在は、一度収まった暴風雨が再度加熱していて、かなりの暴風雨が家屋をガタガタと攻撃している音がする。

現在の症状。

目が少しひりひりする、涙が出る
目がひきつる
鼻の中がズーンと重い、鼻に綿でも詰められたよう
頭のてっぺんが時々ズキッと痛む
目の奥も時々ズキッと痛む

10月に台風が来たとき、私はどうしようもなく、臥せっていることしかできなくなった。
今日、台風のような暴風雨で、また症状が出ている。

1つのサンプルとも言えると思う。
今日は寝る前にはデパス飲むかもしれない。

冬の寒気到来か。

ここ二日間一日中雨である。
10月台風地獄以降、わりと好調で来ていた。
(片眼コンタクト+眼鏡なしで生活)

しかし、さっきから急に首と背筋がきりきりと痛み始めたので、ブログに覚え書きをしているところだ。
鼻がうまく酸素吸わない感じもある。
ただ、現段階は具合の悪さのMAXを5とすると
今は2くらい。
肩が押されているかのように痛い。
気休めだが一応ツムラ53疎経活血湯を飲んでみる。

今日は昨日までと違う感じで寒い。
職場から出て歩いていると、容赦ない寒気が来た。
こういった過酷な寒気と低気圧には、まだなにも始まっていないのにうっすらと恐怖する。

雨と症状との関連についてもっとよく知りたい。
雨が降ろうが台風が来ようが、かつての自分であれば
特に何も思わなかった。
天気が悪くて嫌だなとか
体育で外走らなくて済むラッキーとか
出掛ける気分じゃないし本でも読んでるかとか
いわゆる普通の人にとっての存在としての天候。
自分の外の現象だった。

今は大げさかもしれないが、自分の命を左右しかねない。そして天候が体の内側にある。というのは、天気の変化を体が察知するようになったからだ。

しかし本当に不思議にも思う。
私の場合、症状が0に近いほどない普通の人生活の時期もあり、一方で100出て要介護状態の時期もあるのだが、
その何も悪くないような状態がさっきまであるからこそ
何が今体に起きて何が変わってこうなっているのかをとても不思議に思う。
今ちょっと調べてみて細かく書かれていたサイトを貼ってみる。

http://gohongi-katakori.com/relationship_of_physical-condition_and_weather

低気圧そのものではなくて、気圧が変化することに体が堪えるというのはすごく体感として理解できる。
ザッ!といきなり雨が降る前、降り始めた直後、
台風が通過する前、通った後、
急に体がぎゅっと固まって言うことをきかなくなるスイッチが入る。

副交感神経優位のせいで、対処療法も焼け石に水、というのも興味深い。
何をやってもほとんどが効果的でないのにも関わらず、最中は強い不快感からいろいろ試すことをやめられない。
私にとってデパス服用が急激な症状解消の速効性を持つが、後で確実におこる副作用が大きく(ひどい悪夢、音過敏、ミクロネース等々)諸刃の剣である。
最近はあの副作用のおぞましさを体験するくらいなら症状のまま朽ち果てても良いのではと感じるくらいしんどい。

上記サイトで書かれていた耳たぶマッサージをしてみた。
あとはお灸をして、だめそうなら鍼灸院に行く…かな。
ヤバイときは鍼灸をしても一時間後にはみるみるうちに戻っていくし、朝やばくて予約とっても夕方には症状が消えていて行かなくてもいい状態になっているときもあるし、
先が読めないのとやった甲斐があるのかないのかという所で未だにうまく対応できないが。

他のサイトも見たけど、
風呂に浸かりなさい、というアドバイスが多かったのには頷ける。
具合悪すぎて入浴どころではないときもあるが、
無理矢理体を引っ張っていって風呂に浸けると
3割くらいマシになったりもする。
はっきりとスカッと効いてる感じでもないんだけど、ぼやっと、言われてみればくらいの感じだけど。
死にかけが、具合悪目、くらいに回復する感じ。

明後日は流星群だという。
日常から突き飛ばされるような絶望的症状と、それを体験することでその都度獲得していく精神哲学のようなもの。
レーシック難民の人たちの精神面は人にもよるけれど
ときに達観的だったり、哲学的に底辺まで見たからこその前向きさがあったりもするが、いつもそのそばに深い諦念の思いがある。
誰もがするように
日常のさまざまな雑多なことに左右され、
できれば俗なものばかりを見て考えて暮らしたい。

寒気の影響か。今日も背中に鉄の串が刺さる。

台風の二週間は本当に終わってた。
職場でも話し合いが持たれたし、そ散々だ。こんな人生もういやだ。

が、台風の後、少し持ち直して気持ちも上向きだった。
なのだがさらにまた昨日くらいから体の痛みが尋常でない。

首の根本から背骨にかけて、1本太い鉄串を差し込まれているような重たくて痛いしんどさ。
インフルで高熱の際に、身体中が痛くて思うように動かない、あの感じだ。

そして悪いことに、
ベンゾ系薬しかその局面の解消の道はないのにも関わらず、
副作用がすごく出るようになってしまって
(今までは気づかなかっただけともいえる)
身体の苦しさから逃れるために後で副作用に耐えるか、
身体の苦しさには抗わずに薬を飲まないで副作用体験を避けるか
というどちらも全くポジティブな要素がない2択に迫られる。

昨日も夕方から夜にかけて悪くなったが、
今日も夜9時くらいから洒落にならない背中重い感じがじわじわきて、
11時には風呂に入ることも厳しい痛さで、居間に這いつくばっていた。

軽い頭痛と鼻づまりも併発。
目もぎんぎんになっている。
すべては繋がっているので、強い筋緊張が起きて神経がやられている感じがする。
寝てたい寝てたい寝てたい。
明日漫画読んで寝てたい。痛すぎる。